MENU

介護と自己負担

 

介護をこれから受けたいと持っている人の場合には料金が気になると思いますが、介護の自己負担というのは1割となっています。限度を超えたサービスの場合には、超えてしまった分においては、全額負担しなければいけないことになるのですが、利用限度額というのは、ぞれぞれの要介護の区分で違いが出てきます。都道府県ごとによっても違っていますし、介護のレベルによっても違っています。例えばある都道府県で要介護1の居宅サービスの場合には1か月16万5800円が限度額ということになっているのです。
他にも介護サービスを受ける種類によっても違っているのですが、30分から1時間未満の利用の場合には、2100円から4200円、そしてデイサービスの場合には6-8時間以内の利用の場合には、6800円から11300円もかかってしまうところを、自己負担は1割菜ので、ホームヘルパーさんに来てもらう場合には、210円になりますし、デイサービスを利用するという場合でも、1日利用しても680円という値段で利用できるということになります。
介護保険のサービスにかかってくる料金の内訳では、全体の料金の1割は利用者が負担することになっていて、残っている9割の負担は、半分が国や都道府県などが公費で支払っていて、半分が保険料で支払っているというケースです。介護サービスの料金というのはそれぞれの都道府県によっても違っていますし、施設などによっても違っていますが、自己負担は1割だけの負担ということになっています。

福祉・介護系のノーマライゼーション

福祉・介護系の用語の一つにノーマライゼーションと呼ばれる言葉があります。ノーマライゼーションというのは、一体どういうことなのかというと、障害を持っている人も、障害を持っていない人も、お年寄りも赤ちゃんも、すべてのこの地球上で生活している人が、住みやすい地域社会を維持していって、同じ地域で住んでいる一人として尊重しあいながら一緒に生きていくことをノーマライゼーションと呼んでいます。この福祉・介護系用語のノーマライゼーションというのは、障害者と健常者の差をなくしてだれもが平等に生活できるようにと考えられた言葉ですが、最近では福祉・介護系養護としてノーマライゼーションを取り入れているところもあります。誰でも平等に当たり前に生活をしていける環境を福祉・介護系のサービスを行う上で大切な理念としてノーマライゼーションは大切なことです。

 

バリアフリーという言葉が同じように最近では福祉・介護系の言葉として用いられていますが、バリアフリーの場合には目に見える建物や障害に対して使われますが、ノーマライゼーションの場合には、物理的なもの以外にも、精神的や社会的なことに関しても平等に一緒に生活していけることを意味しています。

福祉・介護系のバリアフリー

福祉・介護系の言葉の一つに、最近よく聞くのが、バリアフリーという言葉があると思いますがこの福祉・介護系のバリアフリーというのは一体どういうことなのでしょうか。福祉・介護系のバリアフリーと呼ばれるこの言葉は、英語です。バリアというのは英語で邪魔なものという意味があり、そしてフリーという言葉は無いということを意味しています。バリアフリーはですから簡単にいえば、福祉・介護系の言葉で邪魔をなくすという意味があることになります。バリアフリーや体が不自由な人やお年寄りによって邪魔なものをなくすという意味で福祉・介護系の言葉の一つとして使われています。

 

今、いろいろな施設で段差などをなくして、体が不自由な人やお年寄りが動きやすいようにと考えられた設計になってバリアフリーを実行している施設は増えています。施設にかかわらず福祉・介護系のバリアフリーは、住宅などにも利用されています。住宅も段差をなくして、家の出っ張った部分を一切なくした設計になっている福祉・介護系のことを考えたバリアフリー住宅がいま主流になっています。福祉・介護系のバリアフリーは、安全に、便利に安全に過ごせるようにいろいろと考えられています。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1カードローン 審査 ゆるい10
2審査が通りやすいキャッシングはあるのか?10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1審査が通りやすいキャッシングはあるのか?10
2カードローン 審査 ゆるい10